MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > BLOG > Abcam社、ライフサイエンス研究用試薬のリーディング・サプライヤー

Abcam社、ライフサイエンス研究用試薬のリーディング・サプライヤー

  • 28 February 2017
  • Feed

アブカムのロゴ

Abcam(アブカム)社は、ライフサイエンス研究用抗体の製品数と売上シェア世界一を誇る、英国企業です。

そもそも「抗体」とは何でしょうか?人間には免疫という、生まれつき備わった防御システムがあります。体内に侵入してきた細菌やウイルスなどの病原体から体を守るこのシステムにおいて、重要な役割を担うのが、タンパク質の一種である抗体です。

 

 

抗体は病原体を認識・結合し、攻撃するという役割を持ち、血液や母乳の中、鼻やのどの粘膜上など、病原体と接触する可能性のあるところに存在します。抗体の認識は非常に厳密であるため、研究者にとって強力なツールとなります。例えば、血液型のAとBの違いは糖の分子たった1個分だけですが、抗体は両者をきちんと見分けることができます。

 

Alexa Fluor(R)

病気に対する診断法や治療法の開発につながるライフサイエンス分野の研究においては、研究者は通常、ヒトあるいはそれ以外の生物中に存在する、ある特定の物質に着目し、それをターゲットとして研究を進めます。研究用抗体は、ターゲットの存在を確認したり、量をはかったりする場合にツールとして使用されるため、ライフサイエンスに携わる研究者にとっては欠かせないものです。

 

 

 

研究のターゲットとなり得る物質の多くはタンパク質で、その種類はヒトで2万から3万とされ、マウスなどの実験動物や各種病原体も含めると、研究者からの抗体の需要は数万倍に上る可能性があります。

 

抗体は古くから試薬として利用されており、以前から多くの需要がありました。しかしながら十数年前までは、幅広い商品を持ち、世界的に展開するような研究用抗体のメーカーは存在せず、研究者が自分の研究ターゲットに対する抗体を購入するためには、多くのメーカーのカタログを世界中から取り寄せ、1社ずつ調べて比較し、代理店を探して注文するという、面倒な作業が必要だったのです。ケンブリッジ大学の研究者だったDr. Jonathan Milnerも、そのような作業に辟易する1人でした。その経験をもとに彼が1998年に創業した会社がAbcam社です。社名は、抗体を意味する"Antibody"の"Ab"と、"Cambridge"の"Cam"に由来します。

 

「研究者の研究者による、研究者のための抗体メーカー」という創業時のコンセプトに沿った取り組みの中でも画期的だったことは、実際に製品を購入して使用した研究者からの感想と評価などのレビューを含む、抗体製品に関わるあらゆる情報を、当時急速に普及しつつあったインターネット上に載せたことでした。レビューの中には、「上手く使えなかった」というようなネガティブなものも含まれていましたが、このような真摯な取り組みがユーザーである研究者の支持を受け、その後の会社の発展につながりました。

 

詳細な情報提供や素早い出荷といったサービスに加え、抗体以外の試薬や測定キットなど製品ラインアップを拡大し、近年では新技術を持つ企業の買収により、「ウサギ・モノクローナル抗体」や「ノックアウト評価」などの革新的な製品や技術の提供にも力を入れています。

 

研究者が安心して抗体を使用し、論文を出版できる環境作りに尽力してきた結果、世界中で約75万人いるとされているライフサイエンスの研究者のうち、3分の2もの研究者がAbcam社の製品を利用し、1年間に発表されるライフサイエンス関連の論文の約56,000件のうち、20,000件以上でAbcam社の製品が使われています。

 

ビーカーを使い実験中

現在、Abcam社は世界中に10の製造拠点と販売拠点を構えています。英国、米国に次ぐ販売拠点として2006年に日本オフィスを開設し、国内代理店を通じて全国の10,000カ所におよぶ大学研究室や研究開発施設に高品質の製剤を提供してきました。きめ細やかなサービスと優れた製品が日本の研究者にも支持され、設立以来約10年、一貫して売上を伸ばし続けてきました。

 

 

 

Abcam社の創業当初からのビジョンおよび使命は、研究者のニーズを汲んだ高性能の製剤を提供することにより、世界中の研究者にとって最適なイノベーションのパートナーとなり続けることです。

 

駐日英国大使館 国際通商部は、Abcam社の日本オフィス設立時よりサポートしてきました。今後も英国企業の日本市場への進出や事業拡大を支援していきます。

 

Abcam社 公式ウェブサイト

 


 

駐日英国大使館・総領事館 国際通商部(DIT Japan):
DIT Japanは、英国政府のDepartment for International Trade(DIT:国際通商省)の日本オフィスです。DIT Japanは英国製品・サービスをお探しの日本企業へ情報提供を行っています。また、日本企業の英国進出および英国での既存事業の拡大の際に必要なサポートを提供しています。これらのサービスは秘密厳守・無償にて行っております。

英国進出・英国での事業拡大、英国製品やサービスの輸入に関してご質問がございましたら、こちらまでお問い合わせください。

MENU