MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > BLOG > 英国におけるフィンテックの「今」をFIN/SUM2018で

英国におけるフィンテックの「今」をFIN/SUM2018で

  • 13 September 2018
  • Feed

2018年も日本経済新聞・金融庁主催のFIN/SUM2018に英国大使館として参加できることを大変嬉しく存じます。

 

UK FinTech Night in Tokyo 2017で講演をするマット・ハンコック前英国デジタル・文化・メディア・スポーツ省閣外大臣(デジタル担当)

UK FinTech Night in Tokyo 2017で講演をするマット・ハンコック前英国デジタル・文化・メディア・スポーツ省閣外大臣(デジタル担当)

 

FIN/SUMは日本を代表する国際的なフィンテックイベントで、海外を含めたフィンテック企業によるピッチ、「金融」と「イノベーション」をテーマとしたあらゆる講演やパネルディスカッション、そして数々のネットワーキングの機会を提供し、速いテンポで動くフィンテックの潮流の一翼を担うイベントです。そのFIN/SUMで、2017年はピッチで英国のスタートアップTradleがグランプリを受賞できたのは大変名誉なことでした。ぜひ日本のフィンテック業界と新しい潮流を作りたく、英国は今年は以下の形でFIN/SUMに参加します。

 

「UK FinTech – Morning Pitch at FINSUM」

フィンテックの担い手である革新的な英国のフィンテック企業。今年は10社以上の企業がFIN/SUMに合わせて来日します。そのうちの4社はサイバーセキュリティに関連する企業です。オープンバンキングが進み、銀行によるAPI接続でスマートフォンのネットバンキングページから外部サービスに繋がることができるようになると、堅牢かつユーザーにとっての快適性も損なわれないようなセキュリティの重要性が更に増すことになるでしょう。他にもセキュリティ上重要な本人確認、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資も提案できるウェルステック(WealthTech)、仮想通貨など、多彩な分野の企業が参加します。

 

駐日英国大使館 国際通商部は今年、FIN/SUM2018のサイドイベントとして、英国企業に絞ったピッチイベントを開催します。

 

「UK FinTech – Morning Pitch at FINSUM」
主催:駐日英国大使館 国際通商部
日時:2018年9月28日(金)9:30 – 11.30(受付開始 9:00)
会場:三菱ビルM+ 10F グランド(東京都千代田区丸の内2丁目5-2)
参加費:無料

※登録締め切りは9月19日(水)23:59
ご参加いただくには事前登録が必要になりますので、上記の「参加する」ボタンよりお申込みくださいますようお願いいたします。来日期間中は英国企業との個別面談も可能になりますので、詳細は国際通商部までお気軽にお問い合わせください。

 

「UK FinTech Night in Tokyo 2018」

今年も英国のフィンテック企業を紹介し、FIN/SUMに合わせて来日する専門家たちとも交流を深めていただく「UK FinTech Night in Tokyo 2018」を9月27日(木)の夜に東京都内で開催します。セミナーでは、来日する英国フィンテック関係者、スタートアップ企業が登壇し、英国フィンテックの最前線を熱く語ります。こちらのイベントも併せてぜひご参加ください。

 

「UK FinTech Night in Tokyo」
主催:駐日英国大使館
日時:2018年9月27日(木)18:00 – 21:30(受付開始 17:30)
会場:東京都内
参加費:無料

※登録締め切りは9月14日(金)23:59
ご参加いただくには事前登録が必要になります。応募者多数の場合は抽選となりますので、ご了承ください。

 

FIN/SUMパネルディスカッション & 「UKアワード」

FIN/SUMでは数多くの講演とパネルディスカッションで、フィンテック業界の最先端で活躍される方たちが自身の経験に根付いた熱い討論を繰り広げます。充実した議論に寄与できるよう、英国からも論客を送ります。まずは、英国随一のフィンテックアクセラレーターであるLevel39の責任者を務めるBen Brabyn氏が来日しましてスタートアップ・エコシステム関連の討論に加わり、Level39のこれまでの経験と将来に向けてのビジョンを皆様と共有し、同時期来日中のJohn Glen英国財務省経済担当兼シティ担当副大臣も交えた世界的なデータ経済進化における英国の今後を議論します。他にも、フィンテックの血流であるデータの専門家として、イングランド銀行からは中央銀行として金融機関からの膨大なデータの収集と活用を率いるBeju Shah氏、またオープンデータ推進の旗振り役である非営利組織Open Data InstituteからはDavid Beardmore氏が討論に参加します。

 

そして、今年は国際展開が有望な日系フィンテックスタートアップに「UKアワード」を授与します。FIN/SUMのピッチに応募した日系企業の中から海外展開が有望視される2社に5日間の英国渡航を贈呈し、英国のフィンテック・アクセラレーターを視察、グローバルに事業を展開するために英国政府や現地フィンテック・エコシステムから得られるサポートについて知っていただき、英国進出につなげていただくことを目的としています。

 

FIN/SUMという日本随一のフィンテックイベントで英国を多方面からみなさまにご紹介できることを楽しみにしております!

 

駐日英国大使館 国際通商部 テクノロジー担当 上席商務官 竹腰 尚美

 


 

駐日英国大使館・総領事館 国際通商部(DIT Japan):
DIT Japanは、英国政府のDepartment for International Trade(DIT:国際通商省)の日本オフィスです。DIT Japanは英国製品・サービスをお探しの日本企業へ情報提供を行っています。また、日本企業の英国進出および英国での既存事業の拡大の際に必要なサポートを提供しています。これらのサービスは秘密厳守・無償にて行っております。

英国進出・英国での事業拡大、英国製品やサービスの輸入に関してご質問がございましたら、こちらまでお問い合わせください。

MENU