MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > BLOG > 英国ヘリオット-ワット大学と川崎重工業株式会社が共同研究に関する契約を締結

英国ヘリオット-ワット大学と川崎重工業株式会社が共同研究に関する契約を締結

  • 15 December 2015
  • Feed

英国ヘリオット-ワット大学と川崎重工業株式会社が共同研究に関する契約を締結

英国ヘリオット-ワット大学と川崎重工業株式会社は、自律型無人潜水機(Autonomous Underwater Vehicle、AUV)に搭載する制御アルゴリズムの開発のため、共同研究に関する契約を締結しました。

2015年11月30日(月)、駐日英国大使館にて、駐日英国大使館 科学技術部部長・一等書記官 エリザベス・ホグベン立会いのもと、ヘリオット-ワット大学 エジンバラ・ロボット開発センターおよびオーシャンシステム研究室代表のディビッド・レーン教授と、川崎重工業株式会社 船舶海洋カンパニー 神戸造船工場 潜水艦設計部長 湯浅鉄二理事による共同発表が行われました。

 

駐日英国大使館 エリザベス・ホグベンのコメント:

「自律型無人潜水機における新たな日英パートナーシップの発展を大変嬉しく思います。海洋インフラの発展に対する両国の目標は近いものがあり、海洋ロボットへの新たな重要性についても認識を共有しています。この共同研究の締結は、両国にとって有用なアイディアと経験を共有する、素晴らしいプラットフォームになるでしょう。ヘリオット-ワット大学のオーシャンシステム研究室は、世界に誇る専門知識を多数保持しています。」

 

スコットランドへの投資や、同国企業の日本進出をサポートするスコットランド国際開発庁 日本駐在代表のスティーブン・ベーカー氏のコメント:

「川崎重工業株式会社とスコットランドのヘリオット-ワット大学との共同研究の発表を心から歓迎いたします。サブシー(海底)事業における自律型無人潜水機の技術開発は、海洋エネルギー産業の将来的な成長のためには欠かせないと言えるでしょう。川崎重工業株式会社の持つ優れた技術と、革新的技術開発のファンダメンタルとされるヘリオット-ワット大学のオーシャンシステム研究室が協力し合うことで、新たな技術革新が可能になるものと確信しております。」

 

詳しい情報は、川崎重工業株式会社エジンバラ・ロボット開発センター(英語)のプレスリリースをご確認ください。

MENU