MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > BLOG > 盛り上がる英国のスタートアップシーン

盛り上がる英国のスタートアップシーン

  • 04 June 2015
  • Feed

Image in and around Tech City, Inner East London
英国ではTech Cityを中心に、ここ数年で急速にスタートアップが集積・成長を遂げています。英国のスタートアップ環境にはいくつかの特徴があります。

 

1つ目は、政府の支援と整備された制度です。スタートアップにとって便利なマーケティング、研究開発、採用に関する補助金が整備されていることと、スタートアップに対する投資に対して優遇税制があることが、スタートアップの成長を後押ししています。法人税率が20%とG20の中で最低水準であり、税制的にも地理的にも英国が欧州のハブとなりえる点も、進出企業にとっては大きな魅力となります。

 

2つ目の特徴として、活発なインダストリー、大手企業との連携が挙げられます。具体的には、政府が前面に立ち奨励するフィンテックをはじめ、メディアテック、ファッションテック、リテールテック等が盛んで、ゲーム、コンテンツインダストリーも大きな盛り上がりを魅せています。これらの分野を中心に、大手企業もスタートアップとの協業に積極的で、金融のBarclays、メディアのディズニー、BBC、老舗百貨店のJohn Lewisなどがロンドンでもアクセラレータープログラムなどを展開しています。これらのインダストリーに属する企業には、多くの成長機会が提供されています。

 

3つ目の特徴は、コンシューマーのリテラシーの高さ、通信環境です。英国では、EC化率が10%を超え、世界最高水準にあり、ゲームの課金額も世界最高水準にあると言われています。また、通信環境の面からも3G・4Gの環境が整備されており、LTEの普及導入も急速に進んでいます。このように、英国ではコンシューマーが、積極的にITサービスを活用しながら、デジタルコンテンツを消費し、最先端のサービスを受け入れる土壌が整っています。

 

このような環境の中、多くの成功事例、世界を席巻するスタートアップが多数誕生してきています。ベンチャーキャピタル(VC)からの数十億円単位の投資も続き、英国には、世界中のVCからスタートアップの成長に期待する巨額の投資マネーが流入してきています。

 

日英イノベーションビジネスコンテスト」は、このようにスタートアップエコシステムが急速に発展している英国を活用し、世界にサービスを展開する絶好の機会です。ぜひ本コンテストを活用し、世界への扉を開いてください。

 

トーマツベンチャーサポート株式会社
海外事業部 事業部長
木村将之

 

「日英イノベーションビジネスコンテスト」に関する詳細は、こちらのページをご覧ください。

MENU