MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > BLOG > 週1社のペースで増え続ける英国のAIベンチャー企業

週1社のペースで増え続ける英国のAIベンチャー企業

  • 26 July 2018
  • Feed

世界的に人工知能(AI)への関心が高まり、自動運転をはじめとする社会実装が進んでいます。

 

AlphaGoAIは、2016年にグーグルの囲碁向けAI「AlphaGo」が九段の囲碁棋士を破ったことで急速に注目されました。ちなみに、「AlphaGo」がもともとは英国のAI企業、DeepMind社が開発したマシンであることはご存知でしたか?DeepMind社は、2014年1月にグーグルにより買収されて、現在は「Google Deepmind」として知られています。

 

 

グーグルやマイクロソフト、IBMのWatson、NVIDIAのグラフィック処理ユニット(以下GPU)など、米国のAI開発が目立ちますが、DeepMind社でみられるように、英国ではAI開発が非常に速いスピードで進んでいます。AIはハードウエアとしてCPU(Central Processing Unit)やGPU、FPGA(Field Programmable Gate Array)などの半導体チップで実現されていますが、消費電力がまだ大きいことが課題です。AIに適した専用の半導体チップを開発すれば、より低い消費電力で学習や推論を実行できるようになります。AIのチップ化で先頭グループにいるのが英国のマンチェスター大学です。既にSpiNNakerと呼ぶAIチップを開発し、10億ニューロン(神経細胞)のシステムを開発するという目標を定めています。英国は実はAI分野の先駆者なのです。

 

欧州全体のAI企業の半数が英国企業

 

図1 英国・英国以外の欧州全体・米国におけるAI企業数の比較

図1 英国・英国以外の欧州全体・米国におけるAI企業数の比較
© MMC Ventures

 

英国以外の欧州や米国の企業と比べて、英国ではAIに特化した企業が多いことが特長です。

 

英国のベンチャーキャピタルであるMMC Ventures社(※)が、英国における最新のAIに関する調査レポート「The State of AI 2017 – Inflection Point」を2017年に発表しました。これによると、英国におけるAIのベンチャー企業は急速に増えており、1年前の226社が今や400社にも達するそうです。英国のAIベンチャーの80%以上が企業間取引(Business to Business、以下B2B)にフォーカスしているので、一般の消費者にはあまり知られていないのかもしれません。

 

※MMC Ventures社は、2000年に創立され、調査に強いベンチャーキャピタルであり、高成長なテクノロジービジネスに投資しています。これまで50社以上のソフトウエアと民生向けインターネット企業に投資してきたMMC Ventures社は2億ポンド以上を所有し、毎年2500万ポンドを投資しています。

 

英国のAI企業は急速に増えている

 

図2 2010年から2016年までに英国で新しく生まれたAI企業数の推移

図2 2010年から2016年までに英国で新しく生まれたAI企業数の推移
© MMC Ventures

 

2010年以前のAI企業は累計で39社しかありませんでしたが、2011年~2013年で101社、2014年~2016年では236社が新たにAI企業として生まれています。

 

英国のAIベンチャーの中身としては、AIソフトウエア開発のベンチャーの91%が、あるビジネス機能の問題を解決することを目的としており、基本的なAIのコア技術の開発を目指す企業は9%しかありません。また、AI企業の90%はB2Bを目指しており、消費者向け(Business to Consumer、B2C)企業は10%しかいません。

 

英国では金融とヘルスケア分野のAI企業が最も多い

 

一般にAI企業は、マーケティングと広告の業務に取り組んでいるところが多いです。ITやビジネス・インテリジェンス(BI)、さらにはビジネスデータの分析などの業務においてAIが活用されています。また、英国でAIに取り組む企業が最も多い分野としては金融とヘルスケアで、小売業、メディア、エンターテインメントなどが続きます。

 

AIを既にビジネスに活用するベンチャー企業が多い英国。日本でも同様にAIへの注目が近年高まってきていますが、日本のAIの研究や商用化は大企業が主導しています。様々なアプリケーション分野で日々実績を積む英国のベンチャー企業、大きなビジネスをAIで創造を目指す日本の大企業。AI分野における英国のベンチャー企業と日本の大企業による協業に今後期待します。

 

国際技術ジャーナリスト 津田 建二

 


 

Innovation is GREATブログでは英国のAI研究の強みと日英協業の可能性を探る連載『英国のAI最前線』を掲載しています。2018年7月12日(木)に公開した第3弾では、日本におけるAIの第一人者、東京大学・松尾特任准教授の独占インタビューを掲載しました。関連記事よりぜひご覧ください!

 


 

駐日英国大使館は人工知能(AI)に焦点を当てたキャンペーンを実施中。キャンペーンの一環として、このたび英国のテクノロジー・コンサルティング企業であるケンブリッジ・コンサルタンツ社に、英国のAIの強みと日英協業の可能性に関する調査を委託しました。世界のAI研究を牽引する英国。その成功の裏には2つの要素があると、ケンブリッジ・コンサルタンツ社は言います。調査レポートの全文(日本語版)は下記のフォームにご登録いただくと無料でダウンロードできますので、AIにご興味のある方はぜひご覧ください!

 


MENU