MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > EVENTS

  • Feed

春の英国留学フェア2016

  • 2016年3月28日(月)17:00-21:00

春の英国留学フェア2016

詳細を見る +
対象
一般公開・無料
分野
教育
会場
ブリティッシュ・カウンシル
東京都新宿区神楽坂1-2
主催
ブリティッシュ・カウンシル

協賛:海外留学保険センター TIP JAPAN、ブリティッシュ・エアウェイズ、エスティーエートラベル、Student.com
備考
17:10-17:30 英国語学留学基礎セミナー
17:40-18:20 英国大学・大学院(短期・交換留学含む)留学基礎セミナー
18:30-18:50 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)による奨学金セミナー
19:00-19:50 IELTS英語検定試験の説明会とネイティブ講師によるデモレッスン
20:00-20:30 英国留学経験者による体験談

当フェアはオンライン事前登録を推奨しています。事前登録をしていただいた方を対象に、記念品のプレゼントや東京-ロンドン間の往復航空券が当たるキャンペーンを実施しています。

英国の大学・研究所では、様々な分野で世界トップレベルの教育が提供されています。過去のノーベル賞受賞者860人の内、131人が海外留学の経験を有していますが、その留学先としては英国がトップ(50人で全体の38%)となっており(※)、研究力の高さを証明していると言えるでしょう。

英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルが主催する「春の英国留学フェア2016」では、英国から来日する36校の教育機関の代表者と語学・大学学部・大学院レベルの留学について、個別に相談することができます。

英国の刺激的な教育環境で、あなたの未来の可能性を大きく広げませんか?

※ブリティッシュ・カウンシル調べ

  • Feed

英国留学フェア2015:Designing your own future

  • 2015年10月24日(土)13:00-18:00

英国留学フェア2015:Designing your own future

詳細を見る +
対象
一般公開・無料
分野
教育
会場
秋葉原 UDX GALLERY
東京都千代田区外神田4-14-1
主催
ブリティッシュ・カウンシル

後援:外務省
備考
当フェアはオンライン事前登録を推奨しています。来場前に事前登録をしていただいた方を対象に、記念品のプレゼントや東京-ロンドン間の往復航空券、電子書籍リーダーが当たるキャンペーンを実施しています。

英国の教育では、自分のアイデアを自由に発展させ、創造的であることが奨励されます。英国の大学・研究所では100名以上のノーベル賞受賞者を輩出しているほか、多くの若き発明家が活躍しています。

英国の公的な国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルが主催する当フェアでは、英国から来日する約55校の教育機関の代表者と留学について、個別に相談することができます。

留学経験者によるトークショー、留学準備に役立つセミナー、英語のデモレッスンなど、楽しく実用的なプログラムにも自由にご参加いただけます。

英国の刺激的な教育環境で、あなたの未来の可能性を大きく広げませんか?

Innovation is GREATロゴ

詳細を見る +
対象
招待
分野
教育
会場
東京
主催
エルゼビア社
共催:ブリティッシュ・カウンシル、駐日英国大使館
スピーカー

アンダース・カールソン副社長(Elsevier, Global Academic Relations)
デビッド・ラングレイ教授(Cardiff University, Bristol University, Deputy Scienific Adviser, Welsh Government)
フィル・バティ編集長(Times Higher Education World University Ranking, UK)
ジェフ・ストリーター 駐日代表(British Council)

このほど駐日英国大使館では、日本を代表するより多くの大学関係者に英大学のイノベーションにおける役割を理解していただくため、エルゼビア社、ブリティッシュ・カウンシルと共催で「グローバル・リサーチ競争力の向上」と題する有識者会合を開催します。

ゲストスピーカーとして、Cardiff University(Bristol University兼任)のデビッド・ラングレイ教授と、Times Higher Educationのフィル・バティ氏を招き、英大学が知識経済に与えるインパクトについてご紹介いただきます。また、国際共同研究がいかに質の高い研究成果を出しているか、特に英大学の貢献している点などについて、英ビジネス・イノベーション・スキル省による定量的なデータも引用したうえで、今後の日英協力への課題、具体的な取り組みについて意見交換します。

日本側からは、国際化とグローバルな研究競争力の獲得に非常に熱心な取り組みをしているRU11加盟大学の代表者にご出席いただく予定です。

MENU