MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > EVENTS

英国スタートアップへの投資セミナー

詳細を見る +
対象
招待
分野
ICT
会場
東京都内
主催
駐日英国大使館
備考
本セミナーはベンチャーキャピタル社を対象とさせていただいております。恐れ入りますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

英国のスタートアップ・エコシステムは活気に満ちており、急速に成長しています。ベンチャーキャピタル(以下、VC)の投資先として、ヨーロッパの中でも群を抜いています。

 

2017年度の英国へのVC投資額は前年度の1.87倍。ドイツ、フランス、スウェーデンの合計投資額を上回る結果となりました。

 

また、2017年度のロンドンにおけるテックベンチャー企業への投資金額が約4500億円となり、前年度の2倍、過去最高額を記録。ヨーロッパの都市と比較すると、パリの4倍となり、ドイツ、フランス、スペイン、アイルランドの総合計金額を超える結果となっています。

 

今回のイベントでは、英国の最新技術とベンチャー投資動向についてご紹介し、また、英国国際通商省のベンチャーキャピタル部(Department for International Trade Venture Capital Unit)のサポートについてご説明いたします。さらに、専門官に様々なご質問、ご要望を個別にご相談していただける時間もございます。

 

本イベントに関するお問い合わせは、駐日英国大使館 国際通商部までご連絡ください。
Tel: 03-5211-1100(代表)

  • Feed

Mobile World Congress 2018

  • 2018年2月26日(月)~ 3月1日(木)

Mobile World Congress 2018

詳細を見る +
対象
一般公開・有料
分野
ICT
会場
Fira Gran Via
Av. Joan Carles I, 64 08908 L’Hospitalet de Llobregat, Barcelona, Spain
主催
GSMA Ltd.
備考
英国出展企業との面談・取材のアレンジ、その他お問い合わせは上記アドレスまでご連絡ください。

来る2月26日(月)~ 3月1日(木)にスペイン・バルセロナで開催されるMobile World Congressに、100社を超える英国の通信・IoT・VRなどの関連企業ならびに団体が出展いたします。
※出展企業の詳細はこちら

 

産官学の強力な連携の下、イノベーションを醸成するエコシステムが高度に発展した英国は、通信、AI、IoT、クラウド、スマートシティ、データ解析などの多岐にわたる分野で優れた技術を世界に輩出しています。スタートアップの企業数は欧州一を誇り、GoogleやAppleなど世界的IT企業へ技術を提供している企業も少なくありません。

 

駐日英国大使館では、現地での英国企業との面談や取材のアレンジなどをサポートさせていただきます。英国のテクノロジー企業が一堂に会すこの機会に、英国の最先端技術をぜひ間近でご体験ください。

  • Feed

英国テクノロジー関連企業との個別商談会

  • 2017年6月1日(木)10:00-17:00、2017年6月2日(金)10:00-16:00

Innovation is GREATロゴ

詳細を見る +
対象
一般公開・無料
分野
ICT
会場
トライセブン六本木8階(SERVCORP内 オフィススペース)
東京都港区六本木7-7-7
主催
駐日英国大使館 国際通商部
備考
参加無料。
英国企業は、各社個別のオフィスでお待ちしております。また、各社との面談には通訳者が同席いたします。

このたび、25社の英国テクノロジー関連企業が2017年5月31日(水)から6月2日(金)まで来日します。駐日英国大使館 国際通商部と英国国際通商省では、日本企業の皆様との個別商談会を6月1日(木)および2日(金)の2日間開催いたします。

 

来日する企業は、AIによる動画解析エンジン、ヘテロジニアスネットワーク設計支援、翻訳機能付きイアーバッド、統合型マーケティングプラットフォーム、高度なサイバーセキュリティシステム、複雑な大規模データの可視化、動画での感情情報を抽出するエンジン、グラフェン、ナノ粒子素材など、様々な分野で先進的なソリューションを提供しています。

 

初来日の企業がほとんどですが、既に欧米で実績のある企業ばかりです。また、英国のICT分野で最大の業界団体であるtechUKも参加いたします。英国の最新事情を皆様にお知らせするとともに、連携を推進して参りたいと考えております。どうぞこの機会にtechUKともご面談ください。

 

参加企業の一覧はこちらからご覧いただけます。

 

<面談の設定方法>
英国企業との面談は、「参加する」ボタンより事前登録いただいた後、下記のステップで設定いただけます。
※英国企業への売り込みを目的とした商談依頼はお断りしております。

  • 「Select Company」から面談ご希望の英国企業をお選びください。
  • 1コマ30分になっておりますが、1時間(2コマ)でお申し込みください。
  • 代表者1名のお申し込みで、他2名様までご同席いただけます。
  • ダブルクリックで面談の確定もしくはキャンセルができます。
  • 再ログインで、ご自身のスケジュール確認、また追加で面談のお申し込みができます。
  •  

    <当日の会場へのアクセス>

  • トライセブンより、事前に入館用のQRコードが代表者の方に届きます。
  • トライセブン六本木3階受付までお越しください。
    • Feed

    CEATEC JAPAN 2016:英国のIoT最新事情セミナー

    • 2016年10月7日(金)13:00-17:00

    CEATEC JAPAN 2016

    詳細を見る +
    対象
    一般公開・無料
    分野
    ICT
    会場
    幕張メッセ 国際会議場 1階103会議室
    千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
    主催
    駐日英国大使館主催セミナー:駐日英国大使館 国際通商部

    CEATEC 2016:CEATEC JAPAN 実施協議会

    駐日英国大使館・総領事館は、「CEATEC JAPAN 2016」にて英国のIoT最新事情をテーマにセミナーを開催します。

    英国は、ビジネスならびに公共分野でのIoTの利活用を進めることを目的として、「IoTUK」という組織を立ち上げ、革新的なIoTの応用事例の実現や、IoT利用を加速する上で課題となる標準化・テストベッドの推進、さらに応用への障壁を政策面から取り除く活動を行っています。

    本セミナーでは、英国政府、IoTUK、大学の研究者、企業からのスピーカーが登壇し、様々な立場から政府の施策、IoTUKの具体的な活動事例、最新研究や企業によるソリューションなどの紹介を行います。また、日本企業にとっての英国におけるIoTビジネス機会、ならびに政府からのサポートについてもお話する予定です。

     

    <セミナープログラム>

    13:00-13:10
    開会の挨拶

    13:15-13:35
    ポール・イーガン氏(IoTUK プリンシパル・コンサルタント):
    『IoTUKの役割と活動:IoTを推進し経済価値を創出することを目的として英国政府が実施するナショナル・プロジェクト』

    13:35-13:55
    デレック・マコーレー氏(ノッティンガム大学 コンピュータ・サイエンス 教授、ホライゾン・デジタル・エコノミー・リサーチ ディレクター):『IoTにおけるセキュリティー、強靭性とプライバシー』):『IoTにおけるセキュリティー、強靭性とプライバシー』

    13:55-14:15
    ティム・ウィンチコーム氏(ケンブリッジ・コンサルタンツ 技術戦略コンサルタント):『IoEに向ける進化』

    14:15-14:35
    リチャード・モーティア氏(ケンブリッジ大学 コンピュータ研究所 講師):『IoT、パーソナル・データとの融合:その内面を考える』

    14:45-15:05
    阿久津 茂郎氏(ボーダフォングローバルエンタープライズ IoT ジャパンカントリーマネージャー):『Vodafone IoTの強み』

    15:05-15:20
    グラサ・カルバロ氏(ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン IoTリサーチ・ハブ 上席コンサルタント):『多くの学術研究領域を網羅する英国IoT研究ハブ – PETRAS』

    15:20-15:45
    小池 正治氏(インマルサット株式会社 エンタープライズ メディア・トランスポート ディレクター):『モンゴルのヤクからロンドンの宅配便まで、衛星だけが可能にする真のグローバルIoT』

    15:45-16:05
    ロイ・ウィリアムソン氏(英国国際通商省 ベンチャーキャピタルユニット テクノロジースペシャリスト):『IoT領域で最先端技術を提供する英国ベンチャー企業について』

    16:05-16:25
    コリン・メーソン氏(英国国際通商省 テクノロジースペシャリスト):『英国のIoT市場 – 日本企業のグローバル展開の鍵を探る』

    ※日英同時通訳付き

    • Feed

    STM 2015 & CSM 2015

    • STM 2015:2015年7月13日(月)~ 15日(水)、CSM 2015:7月16日(木)、17日(金)

    image for STM2015 & CSM2015 workshop

    詳細を見る +
    対象
    一般公開・無料
    分野
    ICT
    会場
    統計数理研究所
    東京都立川市緑町10-3
    主催
    統計数理研究所

    共催:University College London
    後援:駐日英国大使館
    備考
    ご参加希望の方は、関連リンクに記載している登録ページよりお申込をお願いいたします。
    スピーカー

    ギャレス・ピーター博士(University College London)

    マット・エイムス氏(Department of Statistical Science, University College London)

    日英両国は、3年にわたり、ビッグデータ応用のための理論と方法について議論を重ね、共通理解と研究者のネットワークを強化してきました。  この成果をさらに深化させるため、2015年2月26日にUniversity College London(UCL)と統計数理研究所(ISM)は覚書(Memorandum of Understanding、MOU)を締結しました。このMOU締結の機会に、更なる技術交流を深めることを目的として、UCLとISMの主導によりSTM 2015 & CSM 2015ワークショップを実施します。本ワークショップでは、日英の研究者のみならず世界の同分野の研究者が一堂に会し、5日間にわたって「ビッグデータ、複雑系システム、時空間モデリング」などをテーマに議論を交わします。

     

    ワークショップ:

    • STM 2015:Spatial and Temporal Modeling from Statistical, Machine Learning and Engineering Perspectives 2015
    • CSM 2015:Complex Systems Modeling and Estimation Challenges in Big Data 2015

    Innovation is GREATロゴ

    詳細を見る +
    対象
    一般公開・無料
    分野
    ICT
    会場
    6/3 大阪、6/4 福岡、6/5 東京、6/8 札幌(会場の詳細は下記お申し込みサイトをご参照ください)
    主催
    英国貿易投資総省、駐日英国大使館、英国総領事館

    共催:大阪イノベーションハブ(大阪)
    協力:一般社団法人 データサイエンティスト協会(東京)、経済産業省北海道経済産業局(札幌)、北海道(札幌)、札幌市(札幌)、JETRO北海道(札幌)、北海道EU協会(札幌)、中小企業海外展開支援北海道会議(札幌)
    後援:大阪商工会議所(大阪)、ビッグデータ&オープンデータ研究会in九州(BODIK)(福岡)、一般社団法人 九州経済連合会(福岡)、福岡市(福岡)、福岡商工会議所(福岡)、ジェトロ福岡(福岡)
    備考
    ご参加希望の方は、詳細及び関連リンクに記載しているURLの登録フォームよりお申込をお願いいたします。
    東京会場お申込締切日―5月26日(火)
    大阪、福岡、札幌会場お申込締切日―6月1日(月)
    スピーカー

    スピーカーの写真 株式会社ブレインパッド 代表取締役社長(一般社団法人データサイエンティスト協会) 草野隆史氏:英国系データ関連企業との提携で感じた英国市場の可能性について<東京のみ>

    スピーカーの写真 英国貿易投資総省 ICTセクタースペシャリスト クリス・ムーア博士:英国におけるビッグデータの最新情報及び、日本企業へのビジネス機会について

    スピーカーの写真 英アドブレイン社 EMEA・太平洋州地域 事業推進部 ダイレクター パオロ・ピロニ氏:データ・インテリジェンスを専門とする

    スピーカーの写真 英サイトラ社 共同創業者 アンドレイ・ザピエウスキ氏:リスクアナリシスを専門とする。ケンブリッジ大学から支援。

    多種多様なモノがネットワーク化された"Internet of Things"(IoT)の時代において、ソーシャルメディアへの書き込み、スマートフォンの位置情報、監視カメラの映像、ネットや実店舗での購入履歴、渋滞情報など膨大なデータが刻々と生み出されています。このような「ビッグデータ」をいかに活用するか、いかに価値を生み出し、新産業の創出や社会問題の解決につなげるかが、ビジネスにおける喫緊の課題となっています。

    英国において、ビッグデータは政府が推進する「8つの主要テクノロジー」の一つに掲げられ、英政府開発予算1億8千9百万ポンド(約354億9千万円—iPadの最新モデル約66万個に相当—)が割当てられました。最近ではロンドンにビッグデータの収集・体系化・分析の新しい手法を研究するための「チューリング研究所」が設立され、また、ビジネス界では大企業のみならず多くのビッグデータスタートアップが活躍しています。一方、日本においても、その利活用分野はマーケティングから農業、医療、防災と広範囲に及びさらなる注目を集めています。

    英国で実際にビッグデータがどのように利用されているのか、また日本企業のみなさまにどのようなビジネス機会があるのかをお伝えすべく、駐日英国大使館・英国総領事館では、この度、英国より専門家を招へいし、「4都市ロードショー」と銘打ち、大阪(6/3)・福岡(6/4)・東京(6/5)・札幌(6/8)とシリーズでセミナーを開催することとなりました(参加方法はページ下部をご確認ください)。

    • Feed

    日英Big Data Workshop

    • 2015年2月26日(木)10:00~18:00(受付開始:9:30~)

    英国は欧州最大のICT市場のひとつです。

    詳細を見る +
    対象
    招待
    分野
    ICT
    会場
    国立情報学研究所 1208会議室 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
    主催
    国立情報学研究所 共催:駐日英国大使館
    スピーカー
    詳しくはこちら

    日英両国は、1年にわたり、ビッグデータ時代の医療、社会科学への応用技術、また個人情報の取扱いやその政策について議論し、共通理解を深めかつ研究者交流の人的ネットワークを強化してきました。これらの成果をさらに深化させるため、このたび University College London(UCL)と国立情報学研究所(NII)・統計数理研究所(ISM)、およびData Science Institute, Imperial College London(ICL)と情報・システム研究機構の間でMOUを締結することとなりました。この3つのMOU締結の機会に、”Innovation is GREAT~英国と創る未来~”のイベントの一環として、両国のトップ研究者が一堂に会してワークショップを行います。

    MENU