MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > EVENTS > BioJapan 2016

  • Feed

BioJapan 2016

  • 2016年10月12日(水)~ 14日(金)

BioJapan 2016

対象
一般公開・有料
分野
ヘルスケア
会場
パシフィコ横浜
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
主催
駐日英国大使館ブース・セミナー:英国国際通商省、駐日英国大使館/英国総領事館 国際通商部

BioJapan 2016:BioJapan組織委員会、株式会社JTBコミュニケーションデザイン

2016年10月12日(水)から14日(金)にパシフィコ横浜にて開催される「BioJapan 2016」に、駐日英国大使館・英国総領事館が出展します。

駐日英国大使館 国際通商部ブースには、再生医療分野ならびに創薬支援関連の英国企業・団体15社が出展し、各社の技術、製品やサービスを紹介予定です。(小間番号D-01)
参加企業・団体概要(PDF・1MB)

10月12日(水)のスポンサーセミナーにおいては、ノッティンガム大学の英国再生医療プラットフォームとセル・アンド・ジーン・セラピー・カタパルトから専門家を招き、「再生医療の商業化を加速する、英国の取り組みとエコシステム」と題したセミナーを開催。この中で、再生医療に取り組む英国企業2社もプレゼンテーションを実施します。

また、10月14日(金)には出展英国企業数社による、英国の革新的な再生医療製品、細胞治療、ならびに幹細胞研究リサーチツールなどについてご紹介します。 

この機会にぜひ当館の展示ブース、出展者プレゼンテーション・セミナーにお立ち寄りください。

 

<スポンサーセミナー>

10月12日(水)13:30~14:30(場所:ANNEXホール、F-201)

テーマ:『再生医療の商業化を加速する、英国の取り組みとエコシステム』

スピーカー:

  • ケビン・シェイクシェフ(英国再生医療プラットフォーム/生体材料分野 ディレクター、ノッティンガム大学教授):『再生医療における事業化の障壁:英国と国際的なパートナーシップによる解決』
  • マイケル・ベニット(セル・アンド・ジーン・セラピー・カタパルト、IP・知的財産部門ヘッド):『細胞・遺伝子治療のイノベーションを加速するカタパルト』
  • Plasticell社
  • Videregen社

※同時通訳あり。BioJapanのウェブサイトにて来場登録後、マイページより要参加登録。
※主催者セミナー詳細はこちら

 

<出展者プレゼンテーション>

10月14日(金)11:35~12:35(場所:展示ホール C会場)

テーマ:『英国の革新的な再生医療製品、細胞治療製品ならびに幹細胞研究』

スピーカー:

  • Axol Bioscience
  • DefiniGEN
  • Plasticell
  • Progenitor Therapeutics
  • Videregen

※英語によるプレゼンテーション。聴講をご希望の方はお席を確保いたしますので、こちらよりご登録ください。

MENU