MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > EVENTS > 2015 クリスマス・レクチャー日本公演

  • Feed

2015 クリスマス・レクチャー日本公演

  • 2015年9月12日(土)14:00-15:00、13日(日)10:30-12:00・14:00-15:30

Danielle George by Paul Wilkinson

対象
一般公開・無料
分野
その他
会場
東京工業大学 大岡山キャンパス内 レクチャーシアター
主催
読売新聞社

共催:東京工業大学
後援:駐日英国大使館、文部科学省
協賛:トヨタ自動車、三菱重工業、日本ガイシ、味の素、ドワンゴ
協力:ブリティッシュ・カウンシル、科学技術振興機構、国立科学博物館、科学技術館
備考
ご参加希望の方は、関連リンクからご応募ください。締め切りは2015年8月7日(金)です。
イベントに関するお問い合わせはこちら。
読売新聞事業局事業開発部 03-3216-8606(平日10:00~17:00) 
スピーカー

ダニエル・ジョージ(Danielle George)氏:
マンチェスター大学の工学・物理学の副学部長兼マイクロ波通信リサーチグループの教授。スクエア・キロメートル・アレイ(大電波望遠鏡群SKA)など、10億ドルにものぼる天文学機器開発事業を担当。その他NASAや欧州宇宙機関とのビックバン探査隊用器具の共同開発、ロールスロイスのような多国籍企業のガスタービンエンジン開発など、数多くの事業に携わっている。

クリスマス・レクチャーとは、毎年クリスマス時期の英国・ロンドンで英国王立研究所が開催する青少年向けの科学実験講座です。毎回著名な科学者を講師に迎え、ユニークな実験やデモンストレーションをふんだんに取り入れ、子どもたちに科学のおもしろさを伝え続けています。

英国では1826年以来、180回以上も続いています。日本では、「英国の誇る歴史と伝統の科学教育イベントを日本に紹介したい」という目的から再現講座を行っており、今回で25回目を迎えます。 

今年のレクチャーでは、人間の五感である視覚、聴覚、臭覚、触覚、味覚に関わる内容をユニークな実験を通じて体感します。五感を遠く離れた人と共有するためには何をすればよいでしょうか。

英国・スコットランドの発明家、グラハム・ベルが電話を発明してから約140年。今ではいつでも誰とでも簡単に連絡が取れるようになりました。つまり、離れている人と聴覚を共有することができるのです。では、離れた人と触覚や臭覚を共有することはできるでしょうか。マンチェスター大学のダニエル・ジョージ博士と、ユニークな実験を通じてどこまで感覚が共有できるか、会場のみなさまが一緒に挑戦します。

※ご参加希望の方は、こちらからご応募ください。締め切りは2015年8月7日(金)です。

MENU