MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > EVENTS > グローバルリサーチ競争力の強化にむけて:イノベーションにおける英大学のインパクトを事例に

Innovation is GREATロゴ

対象
招待
分野
教育
会場
東京
主催
エルゼビア社
共催:ブリティッシュ・カウンシル、駐日英国大使館
スピーカー

アンダース・カールソン副社長(Elsevier, Global Academic Relations)
デビッド・ラングレイ教授(Cardiff University, Bristol University, Deputy Scienific Adviser, Welsh Government)
フィル・バティ編集長(Times Higher Education World University Ranking, UK)
ジェフ・ストリーター 駐日代表(British Council)

このほど駐日英国大使館では、日本を代表するより多くの大学関係者に英大学のイノベーションにおける役割を理解していただくため、エルゼビア社、ブリティッシュ・カウンシルと共催で「グローバル・リサーチ競争力の向上」と題する有識者会合を開催します。

ゲストスピーカーとして、Cardiff University(Bristol University兼任)のデビッド・ラングレイ教授と、Times Higher Educationのフィル・バティ氏を招き、英大学が知識経済に与えるインパクトについてご紹介いただきます。また、国際共同研究がいかに質の高い研究成果を出しているか、特に英大学の貢献している点などについて、英ビジネス・イノベーション・スキル省による定量的なデータも引用したうえで、今後の日英協力への課題、具体的な取り組みについて意見交換します。

日本側からは、国際化とグローバルな研究競争力の獲得に非常に熱心な取り組みをしているRU11加盟大学の代表者にご出席いただく予定です。

MENU