MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > EVENTS > ESOF 2016 in Manchester

  • Feed

ESOF 2016 in Manchester

  • 2016年7月23日(土)~ 27日(水)

ESOF 2016 in Manchester

対象
一般公開・有料
分野
その他
会場
英国・マンチェスターセントラル(Manchester Central)
Petersfield, Manchester, M2 3GX
主催
University of Manchester, Manchester City Council, Visit Manchester

共催:EuroScience
協力:Department for Business Innovation & Skills, Research Councils UK
後援:European Commission, British Council
備考
ESOF 2016 in Manchester - Science as Revolution : From Cottonopolis to Graphene City -

プログラム:
サイエンスプログラムとして9つのテーマでセッションが行われます。
"Healthy Population", "Material Dimensions", "Sustaining the Environment", "Turing's Legacy - Data and the Human Brain", "Far Frontiers", "Living in the Future", "Bio-Revolution", "Science for Policy and Policy for Science", "Science in our Cultures"

その他、キーノート&トピカルセッション、サイエンスtoビジネスプログラム、キャリアプログラム、ソーシャルプログラム、ブース展示を実施。

東京理科大学 黒田玲子教授(7月27日(水)にキーノートセッションを実施)をはじめとしたキーノートスピーカーの情報は関連リンク(英語)をご参照ください。

ESOFへのご参加には事前登録が必要となります。参加希望の方は、ESOFのウェブサイト(英語)からご登録をお願いいたします。
スピーカー

スピーカーの写真 Brian Cox, Professor of Particle Physics, University of Manchester, UK: "In Conversation with Brian Cox"

スピーカーの写真 Andre Geim, Regius, Langworthy and Royal Society Research Professor, University of Manchester, UK: "In Conversation with Sir Andre Geim"

スピーカーの写真 Ada Yonath, Weizmann Institute of Science, Israel: "Regression to the pre-antibiotic era: time to panic?"

スピーカーの写真 Reiko Kuroda, Professor/Professor Emeritus, Tokyo University of Science/University of Tokyo, Japan: "Left and Right – why does it matter?"

スピーカーの写真 Jo Johnson, Minister of State for Universities and Science: "Big projects – going beyond the realm of science"

英国・マンチェスターにおいて、2016年7月23日(土)から27日(水)に欧州最大規模のサイエンスフォーラム「ESOF 2016(ユーロサイエンス・オープン・フォーラム:イーソフ)」が開催されます。

産業革命の発祥の地としてマンチェスターはこれまで多くのイノベーションを起こしてきました。マンチェスター大学におけるノーベル賞受賞者は25人にもおよび、最近では最も薄く強く高い導電性を持つ炭素材料"グラフェン"の発見でノーベル賞受賞者を輩出しています。

そのマンチェスターで、英国初となる「ESOF 2016」が催されます。ESOFは2年に1度、欧州主要都市で開催される国際的なサイエンスフォーラムです。世界55ヶ国600人以上のスピーカーが集まり、4000人規模の各国参加者とともに125以上のセッションが予定されています。

日本からは、キーノートスピーチを行う東京理科大学の黒田玲子教授をはじめ、大学・研究機関、企業からのセッションスピーカーが登壇します。

ぜひこの機会に、最新の科学研究やホットトピックに関する動向を知るとともに、世界中から集まる科学者、ビジネスリーダー、ポリシーメーカーとのネットワーキングをしませんか?

また、マンチェスターは"European City of Science 2016"に公認され、年間を通じて様々なイベントを開催中。ESOF開催期間中は、会場周辺で"Science in the City"と題した一般向けの科学イベントが多数行われます。英国ならではの科学イベントをぜひ体験してみてください。

MENU