MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > EVENTS > 都市をまたいだ国際的なイノベーションのためのパートナーシップ:ロンドンとの対話

  • Feed

都市をまたいだ国際的なイノベーションのためのパートナーシップ:ロンドンとの対話

  • 2015年7月1日(水)17:00-18:15(受付開始 16:30、レセプション 18:15-19:15)

Innovation is GREATロゴ

対象
一般公開・無料
分野
会場
グランフロント大阪 北館7階 ナレッジサロン内 プレゼンテーションラウンジ 
大阪府大阪市北区大深町3−1
主催
英国総領事館

協力:一般社団法人ナレッジキャピタル
後援:大阪市
スピーカー

エドワード・リスター卿(ロンドン副市長)
デービッド・スレーター氏(ロンドン&パートナーズ・国際ビジネス部門長)
平石郁生氏(株式会社サンブリッジグローバルベンチャーズ 代表取締役社長)
吉川正晃氏(大阪市経済戦略局 理事)
小髙裕之氏(神戸大学連携創造本部 副本部長)
髙橋真知氏(株式会社ATR Creative 代表取締役社長)

このたび、在大阪英国総領事館の主催により、ロンドン副市長エドワード・リスター卿をお招きしてワークショップを開催する運びとなりました。

イノベーションを起こす上で、インフラの整備や連携・協力事業の推進、そして国際的なネットワークの開拓など、都市の果たす役割は重要です。そしてロンドンは、イノベーションを牽引する世界でも有数の都市として知られています。その成功の秘訣とは何でしょうか。

融資やベンチャーキャピタル、大学のイノベーションハブが果たす役割とは?どのようにしてスタートアップ企業、大学、そして政府は、地域の強みを活かしたイノベーションパートナーシップを築くことができるのでしょう?

こうした問いに答えるために、ロンドン副市長のエドワード・リスター卿、ロンドン&パートナーズ・国際ビジネス部門長のデービッド・スレーター氏、および大阪のイノベーションシーンの第一線で活躍される方々がそれぞれの経験を持ち寄り、参加者のみなさまも交えて議論します。

 

  • ロンドンではイノベーションはどのように起こっているのか?

エドワード・リスター卿とデービッド・スレーター氏の二人が、イノベーションを起こすためのロンドンの事業について紹介します。ロンドンにおけるイノベーションエコシステムの事例(Tech CityやMed Cityなど)についても紹介いたします。日英の大学、企業、投資家、政府がイノベーションのためのパートナーシップを結ぶ機会を探ります。

  • イノベーションを起こす上での課題は?関西のイノベーションシーンの第一人者からの洞察

ロンドンからのスピーカーと関西の企業家、ベンチャーキャピタル、政策実務者、専門家、そして聴衆のみなさんが一緒になり、地域的視点での活動およびグローバル視点でのパートナーシップをどのようにイノベーションに結び付けていくかについて議論します。

  • イノベーションのためのパートナーシップを築く最良の道は?

日本・ロンドン間でどのようにすればイノベーションのためのパートナーシップを築いていくことができるのか、実用的なアイデアを共有することを目指します。「駐日英国大使館主催 日英イノベーションビジネスコンテスト Japan-UK Tech Awards 2015」についても紹介します。

MENU