MENU

INNOVATION IS GREAT
FacebookTwitterGoogleLinkedIn
Feed
英国進出、輸入や研究連携へのお問い合わせ
Mail

CONTENTS

HOME > EVENTS > 日英ロボットシンポジウム「ロボットコンパニオンと未来社会」

ロボット「ミロ」

対象
一般公開・無料
分野
ロボティクス
会場
京阪電車 なにわ橋駅 アートエリアB1
大阪府大阪市北区中之島1-1-1 京阪電車なにわ橋駅 地下1階
主催
駐日英国大使館、英国総領事館、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター

協力:JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」
備考
定員100名に達し次第、締め切りとなります。
スピーカー

スピーカーの写真 トニー・プレスコット教授(英国シェフィールド大学 認知神経科学部/Sheffield Robotics代表)

スピーカーの写真 石黒 浩教授(大阪大学大学院 基礎工学研究科システム創成専攻 知能ロボット学研究室)

スピーカーの写真 エイドリアン・チオック教授(英国シティ大学/Imagineering Institute代表)

スピーカーの写真 浅田 稔教授(大阪大学大学院 工学研究科)

遠くない未来、人類とロボットはどのように共存しているのか。ロボットが社会生活に与える変化とは。

2012年、英国政府はロボットと自律システムを8大優先的成長分野の一つと位置付け、英国初のロボット戦略、UK RAS 2020 Strategyを昨年9月に発表し、様々な大学および関連企業に投資を行っています。

本シンポジウムでは、日本と英国を代表するロボット研究者が「ロボットコンパニオンと未来社会」をテーマに、それぞれの最先端を紹介し、国際コラボレーションの可能性を探ります。

MENU